FC2ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-04-23

教員6年目に思う

3月は卒業シーズン。

先月の卒業式で、卒業生全員からメッセージ色紙をいただきました。

教員冥利に尽きます。


コメントで多かったのは、

「精神OTの講義面白かったです。

 精神OTが好きになりました。

 精神OTの理解が深まりました。」

といったコメントです。


僕はそれを見たとき、嬉しさはもちろんありましたが、

同時に違和感がありました。


「俺はそれだけだったのかあ」

と。



授業の中、教室の中だけの関わりしか僕はできていなかったのだろうなと。



学生のためと思い、厳しく、高圧的に指導した機会の多い学年でした。

僕はそれが正しいと思っていました。


卒業は、ある種、教員としての自分を評価される時だと思っています。


僕の教育観やそれに伴う指導というのは、

間違っていたのだと反省しました。



これからの目標は、

学生を叱ることはあっても高圧的には怒らない。

学生を信じて「待つ」。

学生に積極的に声を掛ける。

学生に積極的に挨拶をする。

笑顔で話しかける。

教員室に引きこもらない。

野球サークルを作って学生と戯れる。


です。





今度、担任する4年生と泥んこバレー大会に出場します。

学生とともに、汗をかいてきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ナヴェックス

Author:ナヴェックス
長州OTナヴェックスのブログです!
大好物:ADOC・OS・CMOP-E・MOHO・OBP実践・OT教育・生活行為向上マネジメント・精神分析(夢分析)等、広く?浅く…
PT・OT養成施設等教員講習会修了者。
OTのこと以外にも色々と思いを綴っていきたいのですが、結局最後はOTに繋がるのです・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。