FC2ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-03-25

日本臨床作業療法学会に参加してPART②

演題発表は、口述とポスター発表があり、二日間に分け、5会場で行われました。

ポスターは個性的なものもあり、本学会らしさを感じました。固く言えば学術的とは言えないポスターも散見されましたが、そうするに至った背景があるはずで、知りたければ足を運べ!というメッセージが込められているように感じました。これも本学会だからこそです。


僕は口述発表C会場で2時間を過ごしました。

発表の中には研究途中で普遍性に至っていない発表もありましたが、着眼点が独創的なものばかりで、誰も成し遂げていないことにチャレンジしている姿勢を感じることができました。
色んな経験、素晴らしい感性があるからこそ着眼できたのだと思います。


OSと臨床をテーマにされた発表もありました。OSの課題である、OSとOTの連続性を見事に表現され、OSの可能性を見出すことができたように感じています。
発表後、今年のOSセミナーで発表いただけないか、口説きにいきました(笑)


みんなのリハプランを参考にした介入発表もありました。
これぞまさしくADOCプロジェクトの目指すところであり、目的達成のための大きな手段として本学会が位置づけられていることを再確認できました。

発表中涙ぐまれる方もいらっしゃいました。その涙が、それまでの苦労、文脈を物語っています。涙ながらに「語る」場を本学会は提供しています。それが許される。


質疑応答で、トップダウンが善、ボトムアップは悪といったような誤解を与えるといった指摘をされる方がいました。ホントにその通りで、手段は極論なんだって良い。たぶんトップダウンが作業に、個人の文脈に添いやすい手段なんだとは思います。医療職であるが故、疾患や症状、予後予測を担保しつつ、でも、手段をどの目的に使うのかを明確化し、共有することが、作業療法なのだと考えます。



本学術大会は作業療法界、いや、リハ、医療の中で革命的大会と思っています。トランプの大富豪のような革命とまではいきませんが(例え下手だな笑)、作業療法界、世に発信するきっかけを作るベースとなる場であると感じました。




今一度、作業療法の核を問う。


もう核を問うのはやめましょう。

30年前にもしてたことです。

作業を通して人は健康になれる、なる。

その核を抱き、その核をどう具現化していくか。

それを皆で考えていきましょう。

スポンサーサイト
プロフィール

ナヴェックス

Author:ナヴェックス
長州OTナヴェックスのブログです!
大好物:ADOC・OS・CMOP-E・MOHO・OBP実践・OT教育・生活行為向上マネジメント・精神分析(夢分析)等、広く?浅く…
PT・OT養成施設等教員講習会修了者。
OTのこと以外にも色々と思いを綴っていきたいのですが、結局最後はOTに繋がるのです・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。