FC2ブログ

2013-12-03

おいでませ山口県へ!作業科学セミナー

日本作業科学セミナーには、沖縄セミナーが初参加でした。

開会式では舞踊?演舞を披露され、実行委員はオリジナルTシャツを着て、

懇親会ではセミナーオリジナル曲を披露され、

閉会式では実行委員が手を繋いで一礼されていました。

その光景を目の当たりにした時、こういった作業を

僕もしたいと、心から思いました。


次の広島セミナーで、侍OTさんに山口でOS会立ち上げると豪語し、

後には引けなくなって(笑)、山口OS会を立ち上げました。


札幌セミナー懇親会で「いつか山口でOSセミナーを開催する」と豪語し、

夢から、目標へと変わりました。


数年前、僕の勤務先の学校卒業生が主催した研修会に、

理事の近藤先生が来られ、OSの講演されました。

その縁で、OS研究会研究推進委員を依頼され、

今年5月の名古屋での研修会運営に携わらせていただきました。


OSは、それまで揺らいでいた僕のアイデンティティに、

背筋を伸ばしてくれた学問でした。

作業的公正や作業的不公正という言葉が適格にクライエントの状態を表し、

僕の中で、OTRがすべき方向性を見出してくれました。

言葉が思考を整理し、作業療法や作業そのものを表現する一助となりました。


山口OS会等で、OSで学んだ言葉を多くのOTRに伝え、どれだけの方に通じたかは分かりませんが

作業そのものを知る、再考する機会になったのではないかと思います。



数ヶ月前、吉報が届きました。

僕の目標としていたことが、こんなにも早く実現します。




来年の日本作業科学セミナー、山口県で開催いたします。

おいでませ山口県へ!

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

生意気な質問に対しても正面から答えてくれるnavexさん、ありがとうございます。
参考にさせていただきます。今後も鍛えてやってください。

KawakamiOTさん

んー、イイ質問ですね、流石。
簡単に言えば、僕みたいなOTを生み出さないためです。
その意味は、職業アイデンティティに変に悩まず、シンプルにOTはクライエントの生活、人生に関わり、クライエントにとっての作業を遂行するためのサポートをする職業なんだと多くのOTが気付くこと。
OSを学ぶことで、OTとしてのベースを築き、そのシンプルな問いかけに応えるべく目の前のクライエントと共創していく、みたいな。僕にとってOSがその一助となりましたから。
OTとしての知識じゃなく、意識をOSは育ててくれる学問と考えています(^^)
まぁ、アイデンティティが揺れ動くことはどの職業、人にもあることとは思いますけどね!

目標のその後

夢の達成、navexさんの努力、情熱、探究心などが要因だったのでしょうね。
山口でOSセミナーを開催したい、との夢の奥には何か深い思いがあるように感じています。なぜOSセミナーを山口で開催したいと思われたのか、開催によって期待されることは何なのかを知りたいと感じています。私の所属する岡山県では過去にOSセミナーが開催されました。もう一度岡山で、と思わせてくれる魅力がOSにはあると思います。よろしければnavexさんのお考えをお聞かせください。面倒くさいコメントですみませんでした。
プロフィール

ナヴェックス

Author:ナヴェックス
長州OTナヴェックスのブログです!
大好物:ADOC・OS・CMOP-E・MOHO・OBP実践・OT教育・生活行為向上マネジメント・精神分析(夢分析)等、広く?浅く…
PT・OT養成施設等教員講習会修了者。
OTのこと以外にも色々と思いを綴っていきたいのですが、結局最後はOTに繋がるのです・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア