FC2ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-07-06

面接

深夜1時。明日から3連休。

子守に、地区のスポーツ大会に、幼稚園の送迎等、楽しみな作業ばかり。

来週はPTAの話し合いが2回、幼稚園の話し合いが1回、
これまた楽しみな作業ばかり。


教員になって5年。

学校の授業では毎年精神科作業療法評価、治療学を主に担当しています。

毎年少しずつ内容を変えながら、時代の流れに合わせながらしているつもりです。


今年は特に、いわゆる「面接」に重点を置いた授業をしています。

学生の症例報告を見ても、検査測定や観察といった評価はよくしています。

クライエントとの関わりの中で得た情報は作業療法評価ではなく、一般情報としてまとめられています。

検査測定、観察で得た情報ばかりだと、どこか機械的で、対「人」という印象を抱くことはできません。

フォーマルであれ、インフォーマルであれ、学生はクライエントの思いを聞いているはずなのに、

それがレジュメに反映されていません。

やはり、レジュメ作成指針なるものが古典的であるために、そういった結果となっているのだと最近気付かされました。

今冬発行予定のOBP実践に関する事例本を執筆させていただきました(今から校正で修正していくと思いますが)。

原稿作成の指針を示していただき、それに沿って執筆していくと、自然と作業に焦点が当たっているように感じました。

OT評価の最初の項は「面接」です。

ADOCであれ、COPMであれ、ツールはその時々で変わるので何でも良いと考えます。

面接で得た情報から全てを組み立てていく。

経験値の少ない学生からすると、レポートやレジュメの指針によって、考え方、OTプロセスが左右されるように思います。

最初の項に面接があることで、クライエントと分かち合う時間を作るのではないかと、

安易かもしれませんがそう思います。


カリキュラムの中で、検査測定に割くコマ数は多いけども、面接に割く時間というのは少ない現状です。

教科書なんかを見ても、コミュニケーション、面接に関する書籍というのは極端に少ないように思います。


今授業で、インテーク面接に時間を割いています。

OTがクライエントに伝える言葉1つ1つにはちゃんとした意味や意図があるんだということを伝え、その意味や意図をじっくり考えるような授業を展開しています。

どんな言葉を伝えればクライエントは作業療法という治療を理解し、作業療法士は何のためにクライエントのそばに寄り添っているのかを考えることが1つ。つまり、作業療法の説明です。

明日から始まる作業療法という治療に期待が持てるような言葉とは何なのかを考えることも1つ。つまり、治療契約をどのようにしていくか。

自身、現在思考錯誤しながら授業展開しているため、この方法が適切なのかは分かりません。

ですが、学生が「作業療法を語る」という作業、アウトプットを多く経験してほしいという思いが強くあります。

インテーク面接でADOCのイラストを見せるだけでも、作業療法説明の一助になるはずです。


来週、授業でインテーク面接の演習を行います。

経過はまた来週綴ります。

おやすみなさい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

KawakamiOTさん

いつもありがとうございます。
最初はマネからでも良い、とにかく出力する経験をしていくことから始め、徐々に出力する言葉を吟味していくよう展開していきたいと思います。
今後OSCEでも徹底的に面接(インテーク)をして鍛えていく予定です!

納得

相変わらず文章に納得させられます。面接、はっきり言って養成校で習ってません。(私の場合は習っていても覚えていないことも多いですが…。)入り口がしっかりと定まらなければ出口も定まらない。要は的外れな介入に至ってしまう恐れがあるんです。面接法、必ず必要だと思います。さすがnavexさんです。(←失礼ですね、すみません。)アウトプットの重要性、まさにその通り。岡山作業探究会ではテーマに関するディスカッションを行っています。まさに情報をインプットし、処理した上で、自分の言葉でアウトプットすることを大切にしています。知識の理解を深めることはもちろん、同職種間でわかりやすく伝えられなかったら他職種、対象者、家族など伝わるわけがないです。遂行機会をどんどん得て修正を繰り返しながら良い結果に進んで行く。作業療法と一緒ですね。うまくできないからやりながら覚えることが大事。習うより慣れろ。
プロフィール

ナヴェックス

Author:ナヴェックス
長州OTナヴェックスのブログです!
大好物:ADOC・OS・CMOP-E・MOHO・OBP実践・OT教育・生活行為向上マネジメント・精神分析(夢分析)等、広く?浅く…
PT・OT養成施設等教員講習会修了者。
OTのこと以外にも色々と思いを綴っていきたいのですが、結局最後はOTに繋がるのです・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。