FC2ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-04-08

基礎作業学

今年度から、2年生履修科目「基礎作業学」を担当することになりました。

先日、その第1回目の講義を行いました。

そこで、感じたことを今日は綴ります。

教科書は医学書院さんの「基礎作業学」を採用しました。

OTの原点、作業分析の基礎の基礎が丁寧に書かれてあり、

僕自身が理解しやすい本であったため採用しました。



授業開始前、本当に開始前、号令直後に簡単なアンケートに答えてもらいました。

「作業」と聞いて連想することは?


多くの学生は、

「裁縫」「木工作業」「清掃作業」

といった回答をしました。

予想通りです。


僕は今、「作業」を定義する時に

「意味のある」とか、「効力感」とか、

「役割」といった意味を含めています。

「意味のある作業」という言葉がありますが、

もう「意味のある」って言葉が余計なくらい、

「作業」という言葉に多くの意味を含めて理解しています。



アンケートで同時に、

「OTって何する人?クライエントや家族、他職種から何求められていると思う?」

といった質問をしました(難しい質問よね)。

「筋力UP」「手のリハビリ」「心のケア」「できることを増やす」

といった内容が多かったです。

答えられない学生も数名存在しました。

これも想定内。



「作業」を説明する際、

Occupy-Occupation(専心・専念・集中する等)といった語源を紹介し、

多くの方が定義づけている作業を紹介しました。

学生に強く伝えたことは、

Crabtree(実際お会いしたことありますがファンキーな男性です)等が言っている、

意図的とか、主体的に、

といった言葉です。

自らが感じ、考え、能動的にすること、

それが「作業」なんだと。




(推測ですが)たぶん僕よりも「作業経験」の少ない学生からすると、

意味の分からない、理解しがたいことを僕は言っていたかもしれません。

どこまで通じたかは分かりませんが、

少しずつ、少しずつ「作業」という言葉のもつ意味、

「作業」という名のつく療法をする

「作業療法」の意味、

今志している「作業療法士」が何をする人なのかを

身体に心に染み込ませていってほしいなと思います。


数ヵ月後、基礎作業学最後の授業で、今回と全く同じアンケートに答えてもらおうと思っています。

今回回答したことよりも、量はもちろん、

その質も今回よりも変わっていたらなと思っています。

どう変わるかはメッセンジャーである僕次第かな?

2回目以降は作業科学の知識を紹介します。


またいずれ、経過を紹介します。


なぐり書き、失礼いたしました。





スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

kawakamiOTさん

コメントありがとうございます^o^
言葉に気をつけながら、学生が楽しく主体的に学べるよう頑張っていきます。
また続編書きます。
色々とご指導下さいm(_ _)m

No title

渡辺さんの作業に対する情熱や魂が込められている様子が文章からひしひしと伝わってきます。そんな教員の講義が受けられる学生さんは幸せでしょうね。僕も受けてみたい(笑)。経過報告、楽しみにさせていただきます。
プロフィール

ナヴェックス

Author:ナヴェックス
長州OTナヴェックスのブログです!
大好物:ADOC・OS・CMOP-E・MOHO・OBP実践・OT教育・生活行為向上マネジメント・精神分析(夢分析)等、広く?浅く…
PT・OT養成施設等教員講習会修了者。
OTのこと以外にも色々と思いを綴っていきたいのですが、結局最後はOTに繋がるのです・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。