FC2ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-12-05

バイザー会議 その裏側???


僕は学科の実習関係業務を担当しています。
実習に関する書類作成・発送、実習地新規開拓、実習ガイドブックの編集等、様々な業務があります。

先日実習指導者会議(いわゆるバイザー会議)がありました。OTであれば学生時代含めると必ずバイザー会議を経験していると思います。

今日はそのバイザー会議の裏側???教員の役割を紹介したいと思います。

学校によって違いはあると思いますが、うちの学校では毎年1回12月上旬にバイザー会議を開催しています。
3年次評価実習と4年次長期実習の2つの実習を兼ねて行います。
3年次評価実習施設の指導者は学生との面談をお願いしています。(これが緊張するんですよね…)

バイザー会議2カ月前頃に実習依頼している施設に案内文を発送します。
そこには出欠アンケートを同封し、出欠確認をします。
そこから、出席施設1つ1つの交通費を計算していきます。
公共交通機関であればその交通費、自家用車であればその距離と高速料金等を調べていきます。(お金の準備は事務で)
謝金準備や手土産準備、当日のお茶準備、当日の名札準備といった準備を事務と連携を取りながら進めていきます。

書類関係で言うと、評価実習施設行きの依頼文、学生プロフィールといった書類を準備し、
施設毎に封筒に仕分けするといった作業があります(これが1番大変)


今回実習関係業務担当になって初めてのバイザー会議でした。
会議内容やスケジュールを学科で打ち合わせ、それを文章に起こし、司会進行もするので原稿を作成したりとそりゃもうすることいっぱいです(笑)。
学生面談が円滑に進むよう面談順序を決めたり、スムーズに着座してもらうよう座席表を作成したり、
資料に抜けがないよう配布資料一覧表や、受付表を作成したり、何回も言いますが、やることいっぱいです。

前日は学生と一緒に大掃除、その後資料や手土産を配置する等の会場設営。


こういった準備や司会進行という役を担う緊張感、ストレスからか2,3日前から夜間中途覚醒が続き、頭痛も続き、といった感じでした(笑)

終わった今現在、体調は戻りつつあります(笑)


バイザー会議は年に1回、指導者と学校が対面して実習に関する意思統一、方向性を確認する貴重な機会となります。
学校側にいる身としては、ここでいろんなディスカッションをしたいと思っています。
質疑応答で何も質問がなければただの一方通行の報告会議となってしまいます。
この拙いブログを見ていただいた方、ぜひバイザー会議で1つ質問することを意識してみて下さい。
学校側としては何かアクションを起こしていただく方が建設的に実習の在り方を検討できます。
どうぞよろしくお願いいたします。



追記:今回、学生時代にお世話になった実習地の先生に実習依頼し、バイザー会議に出席していただきました。
僕のOTとしての原点となった実習施設、指導者です。
会議後盃を交わしました。「退行」、ではありませんが、学生時代に戻ったような感覚で、
でも少しは同じOTとして意見交換できましたし、僕が経験した成功体験をその実習地に行く学生にも感じてほしいと思います。

バイザー会議は人と人との繋がりで成り立っていることを改めて感じさせられました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ナヴェックス

Author:ナヴェックス
長州OTナヴェックスのブログです!
大好物:ADOC・OS・CMOP-E・MOHO・OBP実践・OT教育・生活行為向上マネジメント・精神分析(夢分析)等、広く?浅く…
PT・OT養成施設等教員講習会修了者。
OTのこと以外にも色々と思いを綴っていきたいのですが、結局最後はOTに繋がるのです・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。