FC2ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-09-07

学生に想う

私が勤務する学校では、国際交流をしています。

アメリカ、カナダや韓国の大学に訪問したり、

韓国からは学生さんが来校されます。

先日、韓国の大学から作業療法学科の学生さんと先生2人が来校されました。


うちの学生はここ最近は準備にてんてこ舞い!

Party企画・運営、Presentation資料の作成、発表練習(英語で)等の準備です。

言葉の壁を不安に思う学生も多数存在します。

国際交流というイベント自体に抵抗や不満を感じる学生も少なからず存在すると推測します。


いざ、国際交流が始まると、学生は覚醒します(はい、オヤジギャグです、その通り!)

初日。

緊張しながらも積極的に話しかけに行きます(乾杯!という作業を通して)

写真撮影をきっかけに話します。

夜はホームステイ先等で盃を交わします。

2日目、3日目。

ボーリングや買い物に出掛けます。

最終日。

笑い合い、抱き合い、別れに泪し合います。



お別れ直後の学生の声。
“楽しかった”
“ホームステイの受け入れしとけば良かった”
“韓国に行きたい!”



1人1人何がしかの役割を担当し(その役割は学生が考えます)、

自らがその時々で動く。

Partyの流れや余興を自分たちで考え、

最低限教員の確認は取りつつも自分たちの意志で動く。




今度、国際交流の感想をレポートにて提出します。

その感想を読んで、国際交流という作業の意味を考えてみます。



IMG_7621.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ナヴェックス

Author:ナヴェックス
長州OTナヴェックスのブログです!
大好物:ADOC・OS・CMOP-E・MOHO・OBP実践・OT教育・生活行為向上マネジメント・精神分析(夢分析)等、広く?浅く…
PT・OT養成施設等教員講習会修了者。
OTのこと以外にも色々と思いを綴っていきたいのですが、結局最後はOTに繋がるのです・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。