FC2ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-07-11

視覚情報からOT評価をイメージする授業

20120711130754741_0001.jpg
2年生の精神科領域評価法の講義で、上記資料を配布しました。

ICF整理シートをイメージしてこのように配置しました。

これを作成しながら、

「やっぱOTは活動・参加、個人因子の評価に長ける人達なんだなあ」と、

しみじみ思っていました。




心身機能評価法は他に山ほどありますが、

私がこの学年に伝えたかったのは、

具体的な評価手段を知ることではなく、

OTがクライエントの何を捉えるのか、

その意識付けのために、

視覚情報からイメージしやすいよう、

敢えて活動・参加・個人因子の情報量を多くしました。


もちろん、誤解を与えてはならぬとも思い、

心身機能をおざなりにしているわけではないことも伝えました。



学生の感想には「役割」「生きがい」というキーワードが多かったり、

「OTが考えた評価法がこんなにもあるとは…」といった驚きの内容が多かったです。



いやいや、たくさんあるんだよ!!!

すごいだろ、OTって!

かっこいいだろ、OTって!

でも大変そうだろ、OTって…(笑)




(本校だけかもしれませんが)今のカリキュラムでは、自然と心身機能偏重思考になってしまいます。



2年生の段階では、

OTが、心身機能やセルフケアのみを評価していくという

意識を植え付けたくなかったのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ナヴェックス

Author:ナヴェックス
長州OTナヴェックスのブログです!
大好物:ADOC・OS・CMOP-E・MOHO・OBP実践・OT教育・生活行為向上マネジメント・精神分析(夢分析)等、広く?浅く…
PT・OT養成施設等教員講習会修了者。
OTのこと以外にも色々と思いを綴っていきたいのですが、結局最後はOTに繋がるのです・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。