FC2ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-05-10

ADOC…「患者」からの脱却

先日、ADOCを三年生の授業で紹介しました。

作業療法面接時に、何をどのようにするのか、何のために作業療法士が

面接をするのか、対象者の何を知る、捉えるためにするのか。


それらを知ることを目的にADOCを紹介し、簡単ではありますが実践してもらいました。

ipadがあれば1番良いのですが、今回はADOC paper-versionにて実践してもらいました。

ただ単に作業を選択するのではなく、その作業がその人にとってどんな意味、

価値があるのか、そこからどんな文脈が隠されているのか引き出すことを

実践前に伝えました。




実践後、簡単に感想記入してもらいました。

やはり、イラストがあることで導入しやすく、そして選択しやすかったようです。



こんな感想を記入した学生がいました(多少脚色してます)

「これまで、リハビリというと、作業療法士が評価して、目標もプランも

 作業療法士が決めたことを実施してもらうことと捉えていた。

 対象者と作業療法士が共に、話し合って、同じ方向で目標やプログラムを

 考えていくことを今回学んだ」






この学生は1・2年時、見学実習等での感想記入時、


「患者」


と記していました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ナヴェックス

Author:ナヴェックス
長州OTナヴェックスのブログです!
大好物:ADOC・OS・CMOP-E・MOHO・OBP実践・OT教育・生活行為向上マネジメント・精神分析(夢分析)等、広く?浅く…
PT・OT養成施設等教員講習会修了者。
OTのこと以外にも色々と思いを綴っていきたいのですが、結局最後はOTに繋がるのです・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。