--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-07-19

OT教育の「基礎」とは…

最近あまりイイことがなく(悪いことが続き)、

先日娘達と街の環境美化ボランティアをして、

少しでもイイ風が吹くことを祈っている今日この頃です。


最近のOTジャーナルは、教育に関する特集が多い印象を受けます。

現在教育機関に努めている僕にとっては最新の情報を得られて大変役に立っています。

昨年末にOT教育ガイドライン案が出されました。

WFOTのOT教育最低基準では、OT専門科目を6割以上充てることとしています。

WFOTもOT協会も4年制教育を提言しています。

地域OT学の単位数も増え(4⇒6 2単位は訪問OTの内容を含める)、

地域OTに関連する実習も選択必修科目(合計23単位)

として位置付けられています。



少し細かく、基礎作業評価学、基礎作業治療学のシラバスを見ても、

CMCEをベースとしたOTプロセスが提示されてあります。

その他、作業科学、CMOP-E・MOHOといった理論、

作業遂行、運動技能、プロセス技能、コミュニケーション・社会交流技能、

といったキーワードが多く見られます。



とてもイイ流れです。

僕の理想とするカリキュラムがガイドライン案にはてんこもりです(笑)


僕の勤める学校も来年度カリキュラム改訂に向けて現在作業中です。

細かい数字を取り扱うことはベテランの先生に任せて、

各理論、OSやOTプロセスモデルを早い時期に、そして多くの時間割けるようには

したいと個人的には思っています。そこを強く訴えています。


OTジャーナル等でもありましたが、教育機関と臨床現場の乖離が現実問題としてあります。

医学モデル偏重教育を受け、作業モデルをしている(少ないですが…)施設に行けば、

なんじゃこりゃ!!!だと思います。

その逆もしかり。

いくら教育がWFOTや協会の謳う教育に沿っていたとしても、

現場がそうでなければ学生を混乱させるだけです。


ですが、長期的に見たときには、今教育を強引にでも(たとえ臨床とそぐわなくても…)

変えなければ、今のこの現状は何ら変わらないと思います。



もう1つ特徴的なこととして、改訂案には

「基礎作業療法学・基礎作業評価学・基礎作業治療学」といった形で

「基礎」が前面に出ている印象を受けます。

僕なりの(強引な)解釈ですが、

「OT達よ、同じ方向向いていこうぜ!

 ベースには同じもん持ってようぜ!

 クライエントが作業的存在になるために!」


といった意味が、「基礎」の中に含まれているように見えてなりません(笑)


そんなこんなで、学生のため、返るところ自分のために、

カリキュラム再編、ガンバろっと!
スポンサーサイト

2013-07-06

面接

深夜1時。明日から3連休。

子守に、地区のスポーツ大会に、幼稚園の送迎等、楽しみな作業ばかり。

来週はPTAの話し合いが2回、幼稚園の話し合いが1回、
これまた楽しみな作業ばかり。


教員になって5年。

学校の授業では毎年精神科作業療法評価、治療学を主に担当しています。

毎年少しずつ内容を変えながら、時代の流れに合わせながらしているつもりです。


今年は特に、いわゆる「面接」に重点を置いた授業をしています。

学生の症例報告を見ても、検査測定や観察といった評価はよくしています。

クライエントとの関わりの中で得た情報は作業療法評価ではなく、一般情報としてまとめられています。

検査測定、観察で得た情報ばかりだと、どこか機械的で、対「人」という印象を抱くことはできません。

フォーマルであれ、インフォーマルであれ、学生はクライエントの思いを聞いているはずなのに、

それがレジュメに反映されていません。

やはり、レジュメ作成指針なるものが古典的であるために、そういった結果となっているのだと最近気付かされました。

今冬発行予定のOBP実践に関する事例本を執筆させていただきました(今から校正で修正していくと思いますが)。

原稿作成の指針を示していただき、それに沿って執筆していくと、自然と作業に焦点が当たっているように感じました。

OT評価の最初の項は「面接」です。

ADOCであれ、COPMであれ、ツールはその時々で変わるので何でも良いと考えます。

面接で得た情報から全てを組み立てていく。

経験値の少ない学生からすると、レポートやレジュメの指針によって、考え方、OTプロセスが左右されるように思います。

最初の項に面接があることで、クライエントと分かち合う時間を作るのではないかと、

安易かもしれませんがそう思います。


カリキュラムの中で、検査測定に割くコマ数は多いけども、面接に割く時間というのは少ない現状です。

教科書なんかを見ても、コミュニケーション、面接に関する書籍というのは極端に少ないように思います。


今授業で、インテーク面接に時間を割いています。

OTがクライエントに伝える言葉1つ1つにはちゃんとした意味や意図があるんだということを伝え、その意味や意図をじっくり考えるような授業を展開しています。

どんな言葉を伝えればクライエントは作業療法という治療を理解し、作業療法士は何のためにクライエントのそばに寄り添っているのかを考えることが1つ。つまり、作業療法の説明です。

明日から始まる作業療法という治療に期待が持てるような言葉とは何なのかを考えることも1つ。つまり、治療契約をどのようにしていくか。

自身、現在思考錯誤しながら授業展開しているため、この方法が適切なのかは分かりません。

ですが、学生が「作業療法を語る」という作業、アウトプットを多く経験してほしいという思いが強くあります。

インテーク面接でADOCのイラストを見せるだけでも、作業療法説明の一助になるはずです。


来週、授業でインテーク面接の演習を行います。

経過はまた来週綴ります。

おやすみなさい。

2013-07-02

僕のハートに火を点ける

久々の更新です。

1か月以上更新していないと何か変な?広告が出てくるんですね…


プライベートで色んな出来事があったこと、

これと言って書くネタが無かったこと(自分で探していないからかな?)、

書く気力が無かったこと

そんな感じで、久々の更新です(笑)



OT界では先日OT学会がありました。

僕は所用で行けませんでしたが、

TwitterやFacebookで情報を得ました。


やっぱり行かないと疎外感みたいなものを感じますね。

世の流れに付いて行っていないというか、何と言うか…



話は変わりまして、

人生とは何が起こるか分かりません。


まだ公には出来ませんが、今日、大きな仕事(いや、仕事とは一言で言えないな)の依頼がありました。
(依頼があった瞬間はぶっ倒れそうでした 笑)

事例本執筆依頼といい、OS研修推進委員依頼といい、

何か、客観的に見て、僕の能力以上の依頼が今年に入ってから多くあります。

不思議な縁というか、何と言うか…


でも、そういう能力以上と感じることがあるからこそ、

自分を高められるのだろうと思います。


それもこれも、ステキな人たちと出逢えたからだと思います。

今日も依頼があった後、嬉しくて、興奮を抑えるために、

僕の信頼するOTの1人に早速連絡しちゃいました(笑)



これからどうなるかは分かりませんが、

僕なりに、いや、仲間と一緒に、

良いものになるように精進していきます。



最近は、ルーチンな仕事はこなすけども、

今一つモチベーションの高まりが無かった僕のハートに火が着きました(笑)



だから今ブログを綴っています。

発信することが、カタルシスの場になります。

ブログで気持ちを整理してスッキリしました!



詳細はまた後日!

プロフィール

ナヴェックス

Author:ナヴェックス
長州OTナヴェックスのブログです!
大好物:ADOC・OS・CMOP-E・MOHO・OBP実践・OT教育・生活行為向上マネジメント・精神分析(夢分析)等、広く?浅く…
PT・OT養成施設等教員講習会修了者。
OTのこと以外にも色々と思いを綴っていきたいのですが、結局最後はOTに繋がるのです・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。