--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-11-19

山口県作業科学研究会第五回勉強会


今回のテーマは「作業療法士の作業的公正を考える」に設定しました。

僕含め六名の参加。

KJ法にて、参加者が今現在抱えている悩み、どうすれば良いか方向性を見失っていることを整理しました。


整理する中で、大きなキーワードとなったのは、

クライエント、家族、他職種から求められるOT像と、OT自身が求める自身のOT像が乖離している、ということでした。


また、作業に焦点を当てることに対して同じOTが批判的であること、

それに対して表現する言葉が見つからないこと、

といったことが浮き彫りになりました。


他には、院内教育の未整備、仕事後家事に追われて作業不均衡状態であること、病院で「作業」したいが環境未整備といったことも表出されました。


今回は時間上、現状把握で終わりました。
次回、今回整理したものを基に改善策を考えていきます。


少人数であったため、これが全てではありませんが、OTの抱える現状を知ることができました。


次回、楽しみです!
スポンサーサイト
プロフィール

ナヴェックス

Author:ナヴェックス
長州OTナヴェックスのブログです!
大好物:ADOC・OS・CMOP-E・MOHO・OBP実践・OT教育・生活行為向上マネジメント・精神分析(夢分析)等、広く?浅く…
PT・OT養成施設等教員講習会修了者。
OTのこと以外にも色々と思いを綴っていきたいのですが、結局最後はOTに繋がるのです・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。