--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-02-28

実習後、再会

今日評価実習2期を終えた三年生が久々に学校に帰ってきた




私は「おかえり」という言葉を掛けるように努めている



いわば、1人で見知らぬ土地、環境で実習をこなしてきた学生が安心する場所が学校であって欲しいという思いもある






学校に帰りたくないと思うくらい実習が充実するのが1番なのかもしれないが・・・





今日久々に再会したが、皆一回り顔つきが変わったなと感じる




OTとして、いや、1人の人間として、少年少女から青年に変わっていく姿を見れることが教員冥利に尽きるのかもしれない






実習後の振り返り面接を数名としたが、実習前、実習中とは明らかに顔つき、発言が違う






振り返り面接では、ただ内省するのではなく、長期実習に向けた今後の行動計画も話すよう努めている

これからまたしんどい実習が待ち受けているが、しんどくも充実した実習であってほしい





私が学生時代そうであったように、ステキな作業療法士と出逢ってほしい
スポンサーサイト

2011-02-22

(居)場所

2351021040_4daf4bba3d.jpg

皆さんには自分の「場所」があるだろうか?

物理的空間(Space)とは区別された場所(Zemke)


今の私は、職場・自宅が私にとって意味のある場所であり、


職場では、教員室に自分のデスクという物理的空間があることで、自分の「居場所」が確保できる。


物理的空間だけでなく、目には見えない場所も存在する。


父親という場所、母親という場所、教員という場所、何かのリーダーという場所…


「役割」とも言えるだろう。





教育現場にいると、退学・休学者が存在することは否めない。


特に退学者の場合いつも思うのは、今居場所を見つけているだろうか?


と、いうことだ。



人は物理的に毎日どこかに行く所(場所・居場所)があるだけで安全・安心欲求を満たし、


アイデンティティを保つ1つの要因であると
考える。


年齢を重ねるにつれて、物理的空間に加えて、仕事・家庭・趣味サークル等で


役割(居場所)が増えていくのではなかろうか?





思春期・青年期は自分の「居場所探し」の期間なのかもしれない。
DSC04717.jpg



我々教職(実習指導者も)は彼ら学生の安全・安心できる環境を整えていくことも1つ役割なのかもしれない。


既に居場所を持っている大人としての役割ではなかろうか…

2011-02-17

人生は掛け算


19.jpg


私は19(ジューク)が好きだ。



私が専門学校1年生の時にデビューした、私と同級生の2人組だ。


彼らの曲を唄いたくて、ウクレレとギターを始めた。


惜しまれつつ解散したが、復活を願っているのは私だけではあるまい。







初期の頃19の作詞を手掛けていたのが326だ。

19_326-02.jpg




19のデビュー曲「あの青をこえて」の中にあるが、私はこの言葉で自分を奮い立たせている


















326.jpg







人生とは何か?

チャンスとは何か?

これらを定義付けることは出来ない、形として有るものでもない。




ただ、


「自分が動き続けること…」




走りながら考え、考えながら走る。


時には歩きながら…


歩いて、走ってから考える






とにかく、動くこと







「人生は掛け算」




この言葉を胸に、今日も走りだす…

2011-02-11

介護給付適正化委員会


私はとある市の「介護給付適正化委員会」という委員会に隔月で出席している。


ケアマネが立案したアセスメントやプランが適正か否か意見を出し合う場だ。


構成メンバーは看護師、ケアマネ、同じOT等多種多様だ。








私が短気すぎるのか、きまっていつも吠える!



ギャオーーーーーーーー
34536608.jpg










長期目標:安全に入浴できる

短期目標:定期的に入浴できる



















KFullNormal20090212163_l.jpg
ムムムッ!















通所リハでの実施計画書

生活目標(その人らしく生活するためのポイント):焦らずに動作を行う

プログラム:関節可動域練習・バランス練習・歩行練習…













803518.jpg

いいんです!(か?)










どの事例にも共通して言えることは、やはり個人因子の評価をしていないばかりに、普遍的なプランばかりが出来てしまう。







適切なアセスメントと分析をし、このようなプランが少しでも良くなるように、この委員会は存在する。




地道に伝えていくしかない…

2011-02-10

実習報告会

現在3年生は評価実習Ⅱ期目の実習に行っている。

これから実習地訪問で県内外を飛び回るわけだが、

先週実習症例報告会が開催された。

各学生レジュメを作成し、それをもとにプレゼン、質疑応答していくという流れだ。





案の定、私は学生に吠えまくった…















ガオーーーーーーーーー
ライオン











以前このブログで綴ったと思うが、学生というよりも

指導者何を指導してるのかな~と。



「挨拶が出来るから…社会性があるから…」



何故もっと要求水準を上げないんだと…


我々教員には分からない実習の経過があるのだろうが、

よくこんな目標、プログラムで「良し」としたなと思うことが多い…




















学校と実習地の連携ってどこまで許されるんだろう…


実習に行ったら全て指導者にお任せ…


どうして実習は学校側がペコペコしなきゃならない?


作業療法士の倫理に後輩育成あるでしょ?


「忙しいから実習生は今年度は…」

「うちは実習生とりません・・・」








学生がいるから自己研鑽できるのになあと思うのに…







指針を示していない学校側の問題があるんだろうなあ…

要求水準、成績表の付け方…

何がどうできたら「合格」なんだろう…


訳わからなくなってきた…

E8BFB7E8B7AF3E38080E5958FE9A18C.gif

2011-02-08

紡ぐ

最近…「紡ぐ」という言葉が妙に気に入っている。

「紡ぐ」…綿・繭から繊維を引き出し、よりをかけて糸にする(Yahoo辞書より)


e0004956_862085.jpg












この文章の中で私が魅かれるのは







“よりをかける”









である。




この言葉が紡ぐという意味の中に込められているからまたすごい!



繊維を引き出してちょっと“ひねる”というイメージか?




双方向に伸びているだけではない、太い“繋がり”をこの言葉から感じる





“腕によりをかけて料理する、よりを戻す”





という表現は誰もが聞きなれた言葉だろう。


この、より(縒り)には



“寄せる”


という意が込められる。




何となく“紡ぐ”という言葉が好きだったが、意味を調べるとこんなに深い意味があったのかと感激した。



言葉は面白い、日本語は面白い。













OTは人と人とを“紡ぐ”役割があるような気がしてならない。






人が集まる(紡ぐ)場所を整え提供する(環境)
そこで何かに打ち込む作業を提供する(作業)

作業があるからその場所に集う(紡ぐことができる)










作業剥奪や作業周縁化の状態では、人と人が紡いでいる状態とは決して思えない。













「人と人を紡ぐための作業」

original.jpg









こういう視点でOTを捉えて提供し続けていくことが








OTと人間とを「紡ぐ」ことになるのだろう!

2011-02-04

自分史

5年以上前だろうか、以前勤務していた通所介護施設で80歳代の女性が「自分史」を作成したことがあった。


昔の写真をスキャンして貼り付け、その頃の気持ちを俳句で表現する。


80歳代で初めてパソコンを触り、スタッフに教わりながら3カ月くらい(それ以上か?)かけて完成させた。




その方は、誰かに読んでもらおうとか、そういう「邪心」は無かったように記憶している。




純粋に自分(の人生)と向き合われていたように思う。










「エイジング」 という言葉がある。






高齢・加齢と聞くと、どうしてもマイナスのイメージが付きまとう。



しかし、このエイジングは「成熟・熟成」というような意味を持つ。



チーズやワインなどを長年熟成させることも「エイジング」と言う。



年を重ねたからこそ多くの経験をし、そこから醸成される「人生観」が生まれる。




いわゆる、ご高齢の方が生きてきた人生を知ることは、自分自身の人生観を醸成させると考える。



ご高齢の方に限らず、いろんな人と語り、そこからにじみ出る「人生観」を知ることが今は楽しみでならない。









いつの日か私も「自分史」を作成したい。





今の私には「邪心」がある・・・たくさんの人に読んでもらいたいと思っている。

この邪心がなくなると、人として一皮剥けるんだろうなあ、と思っている。





自分のために、自分のためだけに作成できるといいなあ、と思う今日この頃である。
プロフィール

ナヴェックス

Author:ナヴェックス
長州OTナヴェックスのブログです!
大好物:ADOC・OS・CMOP-E・MOHO・OBP実践・OT教育・生活行為向上マネジメント・精神分析(夢分析)等、広く?浅く…
PT・OT養成施設等教員講習会修了者。
OTのこと以外にも色々と思いを綴っていきたいのですが、結局最後はOTに繋がるのです・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。