--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-12-31

2010年を振り返る

2010ももうすぐ終わる。

毎年思うが、一年が早い。

30代は早いといつしか誰かに聞いたことがあるが、その言葉が身に染みる。

今年一年私はいったい何をしたのだろう、してきたのだろうと振り返る。





一番はやはり、新居を構えたことだろう。

新居を構えたことで、ローンを払いつづけなければならない『義務』がうまれた。

そういう義務が生まれたことにより、これからの自分の生き方をより一層考えることになった。

一生OTとして収入を得る事ができるのか?



大袈裟で、考え過ぎなのかもしれないが、そう思う。



来年の目標を考えた時に、

具体的な目標が想い当たらない・・・




目の前のことからコツコツと、という考え方もできるが、トップダウンで何か作業をすることを見つけたい。







皆さんは今年どんな一年で来年はどんな一年にしたいですか?



それでは、よいお年を!
スポンサーサイト

2010-12-27

あなた教育者?

今日は”コンチクショー!!!!(怒)”を経験した(怒)
696962f6.jpg

カタルシスの場になる意味も込めて、この場で吐き出したい(願)




本日、私が勤めているグループの教員が一同に会し、

教員研修が行われた。(これは明日も行われる)

総勢60名・・・

そんな中、私は20分間の模擬授業を行うことになっており、

抽選の結果、私は今日、2番手で模擬授業を行った(内心明日じゃなくて良かった・・・)

この模擬授業は、私の授業を参加者が実際に受けて評価するものだ。

評価内容は、10数個の質問、例えば、声の大きさは適切でしたか?というような質問に対し、


4段階(そう思う・あまり思わない等)の評価をすることが1つ。

そして、自由記載のコメント欄が設けられていた。



各校のベテランから新入教員まで、経験と年齢は様々な教員に対して授業を行った。

私の模擬授業テーマは

「精神科作業療法の理解」


ヤーロムの集団治療11因子を基に、精神科作業療法の介入方法を理解していく手法をとった。

これは、以前、学生に対しても行ったことだ。


少し笑いもとれつつ、何とか模擬授業を終えた。

その後、参加者からの評価(コメント)シートをいただいた。

1人目のコメントを見ると・・・





「目的が?パワーポイントで授業のポイントが”なっていない”」の一言・・・








な・・・

な・・・





200803250117_7.jpg
なんだとーーーーーーーーー(怒)





もちろん、なっていないのは分かる、その指摘は受け入れる。




しかし!!!




具体的にどこかを指摘せず、その一言だけというのに腹が立つ!





じゃあ、こういうふうにすればポイントを押さえられる、

というアドバイスを記入しているなら分かるが、

批判的コメント一言のみ。



私はこのコメントをした教員に言いたい


”教員辞めちまえーーーーー”



imageCAWT7IMJ.jpg



こんな不快な気分になるコメントすることが信じられない。

他の参加者はアドバイスを記入してくれていた。

建設的なコメントだ。



一時腹が治まらず、主催者であるグループの本部長に電話し、

「コメントをする側にも責任を持つよう伝えてほしい」

旨を伝えた。



今日、本当の意味で匿名の恐ろしさと、無法地帯さを痛感させられた。


相手がその言葉をどのように受け取るか、

それをしっかり考えてコメントしてほしいものである。


(私も学生に対して、コメントは慎重に行うべきだと改めて認識した出来事でもあった)

2010-12-25

サンタクロース

今日のブログは長文になりそうだ・・・



今日はクリスマス!

昨日はクリスマスイヴで、娘達にクリスマスプレゼントを用意した。

4歳になる娘は当然ながらサンタクロースの存在を信じている。

昨日も”サンタさんどんなプレゼント持ってきてくれるかな~”

と会話が弾んだ。


私は、サンタクロースにまつわる小学生の頃の記憶が今でも鮮明に残っている。

小1の時に、母と兄と3人でプレゼントを何にするか話し、

私は

”キン肉マン消しゴムが良い!”

と言った。

そして、小1のクリスマス・・・

朝目覚めると、枕元にプレゼントが!

”キン肉マン消しゴムだ!”

と大喜びした。

サンタの存在を信じていた私は、母と兄との会話をサンタが聞いているのだろう、

と思っていた。



そして、翌年小2のクリスマス。

プレゼントこんなものが欲しい、という会話を母達とはしていない。

クリスマス当日・・・

プレゼントが枕元に無い・・・



そして、小3のクリスマスもプレゼントが枕元に無い・・・

小2の時は”サンタさんプレゼントありがとう”と手紙を枕元に置いていた。

小3の時も。


しかし、プレゼントは無かった・・・


それからの記憶は無いが、たぶん、小3で私は

「サンタは存在しない」と認知したのではないだろうか。

いや、薄々親がサンタクロースであることを小2のときに気付いていたのかもしれない・・・



私は、何ともサンタに(親に?)裏切られた気がしたことを今思い出した。


何故、小2のときからプレゼントを止めたのか、

親に聞いてみたいところだが、

これは私の胸の中にそっとしまっておくべきことのように今は思う。




4歳になる娘。

いつになったら、サンタの存在がリアルな、現実的なものとして認知するのか。



ませた?友達から教え込まれるのかもしれない。

自分で気付くのかもしれない。


娘が認知したことを娘の口から聞くまで待っておこうと、

今は思う。



娘がサンタの存在を認知したとき・・・


その時が第1の、子離れの時期なのかもしれない。


娘が成長したのだと、思わなければならないのだろう。


その時が来て欲しいような、欲しくないような・・・


クリスマスの日に、物思いにふける私であった・・・




追伸:メリークリスマス!!!

2010-12-24

教育について思う

現在、学校の4年生は国家試験に向けて猛勉強中である。

模試を定期的に行うが、成績が伸びる者、芳しくない者、悲喜こもごもだ。


よく、『基礎学力』という言葉が飛び交う。




私自身、いわゆる進学校に進学したわけでもなく、


なんのこっちゃ分からない偏差値で言えば中間くらいの職業高校に進学した。


基礎学力という見方をすれば、低いのかもしれない。
だが、作業療法士の資格を取得し、現職にいる。




現在、教育現場に居て思うことは、

何のための勉強なのか分からないまま勉強してては成果は上がらない、ということだ。







いかにモチベーションを上げ、勉強するか。

全てはここに掛かっている気がしてならない。




私見だが、私が学生時代に受けてきた教育では即戦力としての作業療法士は育たないと考える。





残念ながら・・・・




昔も今も教育は変わっていない。


何のための解剖学、生理学なのか分からないまま一年生から勉強しては、全く意味がないと考える。

結局3年生くらいになるとほとんど忘れている。


だから国家試験前の4年生が四苦八苦する。









私の夢は、現行教育を変えることだ。


いわゆる治療学や理論を初期に学び、それよりも後、または同時並行的に基礎科目を修得していく、という教育だ。

作業療法士が、どんな職業であるかを理解していない学生が多い。



例えば、カメラマンを目指すのに、カメラマンがどんな仕事なのか分からず在学する者はいないと推察する。



自分の目指す職が分からず在学するのは作業療法士だけではなかろうか、とさえ思ってしまう。



初期のうちに、ある程度自身が目指す職の理解をしていかなければ、ただ右から左へと授業でしたことが流れるだけだと考える。








作業療法教育は今岐路に立たされている。








変えなければならない。

2010-12-20

DIY おもちゃ収納棚

IMG_0775.jpg

IMG_0774.jpg
こどものおもちゃを収納する棚が無く、家の中がダンボールだらけであったため、

収納棚の作成にとりかかった。

ホームセンターで材料と、工具を購入した。

いやしかし、材料も工具も高い高い・・・

しかし、DIYを生涯の趣味にしていきたい私にとって、これは自分への投資だ。


本来であればきちんと設計してから、切断、組み立てといくのであろうが、

上手く言えば臨機応変に採寸しながら組み立てていった。


IMG_0776.jpg
途中経過。

なんとか形になってきて・・・


IMG_0778.jpg

IMG_0777.jpg
何とか完成!

この後バーナーで焼いて色を付け・・・




IMG_0832.jpg
今はこんな感じで使用している。

まあ何とか形にはなった(嬉)


これからもDIY制作の旅は続く・・・

2010-12-16

第14回作業科学セミナーin沖縄②

CIMG4165.jpg
開会式で、沖縄舞踊という伝統芸能を観た。

写真の女性は20年ほど前に脳梗塞で倒れ、20年近くハワイに住み、最近沖縄に戻られたという方だ。

片麻痺の身体ではもう沖縄舞踊など踊れないと思っていたが、OTの介入により

再び踊り始めたそうだ。

この姿を見たとき、何故か目頭が熱くなった(涙)

「生きる」姿を垣間見れたからだろうか。

演舞中の緊張した表情から、終わった後のなんとも言えない愛くるしい笑顔。

人間はやはり、こういう緊張する舞台に立つことが生きるうえで大切ではないかと

改めて感じた。

ステキな一時であった(笑)


IMG_0800.jpg

IMG_0811.jpg
この写真は懇親会での様子だ。

沖縄ならではの、エイサー、三線と、楽しい宴は続いた。

たまたま席が近くになった方とも多く話し、そして意外な共通点があったりと、

人と人との出会いとは何とも言えないもので結ばれているなと改めて思った。


IMG_0820.jpg
これは、OSセミナーでは恒例らしく、閉会式後に事務局の方々が壇上に上がり手をつないで

お礼を言うという写真だ。

私もいつかOSセミナーの事務局となり、これをしたいと思った(笑)


CIMG4174.jpg
非常に充実した2日間の研修であった。

今度は暖かい時期に旅行で沖縄に来たいものだ。

2010-12-14

作業科学セミナーin沖縄①

IMG_0795.jpg
先週末に沖縄県の琉球大学で開催された第14回作業科学セミナーに参加した。

IMG_0789.jpg
↑ 琉球大学




今年度初めから絶対に参加するぞ!と決めていた研修だ。

「作業科学」は作業療法のメタ理論として位置づけられ、作業「療法」ではなく、

「作業」について学ぶ学問だ。

人間が日々行っている「作業」の意味を科学的に研究し、作業「療法」治療に役立てる理論だ。

IMG_0814.jpg
今回のセミナーのテーマは…


「結」

人と人を「作業」で繋ぐ、そんな意味が込められている。



研修参加の感想を一言で言えば…



「活力向上&意気消沈」


である・・・・・・・・・・・・・・・・



講演などで作業科学の知識を私の体内に注入できたのは良かったが、

セミナー中に発せられる講師の言葉の意味や説明の解釈が全て理解できず…


意気消沈………………


自分の知識の浅さ、無さに気付かされた…



しかし!!!



さしあたり、この作業科学を我が県に広め、いつの日か我が県で

作業科学セミナーを開催するぞ!!!


という活力は湧いてきた!



男ナヴェックス!

やったるで~~~!

つづく・・・

2010-12-10

信念と確信

私は、作業療法に対する信念はあるが、それが確信にはなっていない。

自分の信念が作業療法の核にはなっていないと感じるからだ。

私の力不足だが、学生の実習報告を聞くと、伝わっていない感覚が身体を駆け抜ける。

私なんかが言える立場ではないかもしれないが、実習指導者は何を伝えてるんだと言いたくなる。
レポートを見るだけで判断してはいけないが、私からすれば、浅い。浅すぎるレポート内容なのだ。

ついつい、私が間違っているのかと自身を疑う。だから確信がもてないのだ。

プロ野球選手の松坂大輔がルーキーの時、イチローを三振にとった際、『自信から確信に変わった』とコメントしている。気持ち、身体の感覚がそういうコメントを出させたのだろう。


信念が確信に変わる日が来るようこれからも精進だ。


追伸
今、沖縄の地でスタバでコーヒーを飲みながら、この文章を考えている。
ゆったりとした時間があることで、こうやってもの思いにふけることができる。
職場や自宅ではなかなかこういう時間は持てない。
環境を変えて物事をかんがえるのもたまには良いものだ。

2010-12-10

いざ、沖縄へ


作業科学セミナー参加のため、沖縄へ行く
ずっと楽しみにしていた研修だ

どんな研修となり、どんな人と出会うか楽しみでならない

では、行ってきます

2010-12-08

Do It Yourself!

引っ越し日翌日、早速エクステリアDIYに取り掛かった。
(家の中の事は良く分からないため女房に一任…)

子供たちの遊び場確保と思い、砂場を作ることにした。
IMG_0765.jpg
ウッドデッキ横にとりあえず場所を決め、取り掛かった。

レンガ10個(1つ198円)・砂(土嚢3杯分)をホームセンターで購入した。

レンガも土嚢も重くて重くて…腰砕け

IMG_0766.jpg
そして、どうせ作るならきちんとした形で!と思い、水平器も購入
(凸凹したくなかったからね…)

IMG_0767.jpg
試行錯誤、苦慮しながらレンガ敷き終了。
もう少し深いほうが良いのかもしれないが、上排水の管が見えたため、この深さで断念…

IMG_0769.jpg
砂を投入(結局買い足して土嚢5杯分)して・・・


IMG_0770.jpg
完成です!

その名も「鍋ヶ浜」と命名!!

IMG_0771.jpg
DIY処女作にしては上出来かな?と自分に言い聞かせ…


DIY製作の旅は続く・・・
(今後もエクステリア、収納棚等を製作していきま~す!)

2010-12-07

水周り

CIMG4012.jpg
洗面台(今は鏡がちゃんと付いてます)


玄関と同じ高さに水周りを設置している。

つまり、寛ぐ場所は一段高く、排泄、入浴、整容などは一段低い場所で、という感じだ。

CIMG4008.jpg
広々とゆとりあるスペースにトイレを設置し、

CIMG4010.jpg
ゆったり、足をしっかり伸ばして入れる浴槽。


この水周りは、云わば人間の本能的欲求を満たしてくれる場所となる。

ここをおざなりにしては、人間が安心して暮らせる住処とはならない。


日々、快適に過ごしている。

2010-12-05

スキップフロアからOTの在り方を考える

CIMG4019.jpg
この写真は玄関からリビングを見たものだ。

玄関よりも3段高い位置にリビングを設けている。

特に、設計士曰く、帰宅後に仕事との意識の切り替えとしてこの階段は位置づけられている。

確かに、この3段と僅かな距離ではあるが廊下を通り家族と会うことで、

意識の移りをこの数日で実感できている。

CIMG4033.jpg
こちらはリビングから玄関側に向けて撮った写真だ。

このアプローチが、仕事から家庭へと意識を変えるのだ。


このような、ちょっとした環境が大きく意識を変容させることに繋がる。

土俵は違えど、「環境」を意識してアプローチするのは建築関係もOTも同じではなかろうか。

現に、建築関係の論文には対人距離であったり、そこから生まれる心理などをテーマにしているものが多かったりする。

OTは、解剖学や生理学・生物学等の他に、社会学や人間学、文化人類学、現象学等の

様々な学問がベースとして必要ではなかろうか。

医学モデルばかりを教育していく時代が終焉を迎える日もそう遠くはないのかもしれない。



我が家のスキップフロアから、こんなことを思った。

2010-12-03

QOL向上!?

CIMG4131.jpg
私の長年の夢であったホームシアターを新築と合わせて設置した。

CIMG4134.jpg

CIMG4132.jpg

完成後設置し、配線で美観を損ねたくなかったこと、この際一気に買っちゃえ~と勢いに任せたのと両面ある。

まだ視聴程度で本格的には使ってないが、今から楽しみでならない。

私のQOLがどんどん向上している!?

当分、引きこもりになりそうだ(笑)

2010-12-02

ドリームハウス ダイニング・キッチン

CIMG4044.jpg
ダイニング・キッチンはこんな感じにした。

掘りごたつ風のダイニングだ。

地べたに座って食事をとったり、寛ぐ方が好きだからだ。

CIMG4024.jpg
キッチンはこんな感じ。

設計士の設計で、オーダーメイドだ。
一般的にはメーカー指定の作り置きのキッチンだろう。
それを設計士は嫌い、家族の要望に合った形でキッチンを作成する。

このあたりが、大手ハウスメーカーとの違いであろう。

CIMG4025.jpg

テーブルに座っている家族と、キッチンに立つ女房の目線が合うように

キッチンを低く設置してるのが我が家の大きな特徴だ。

CIMG4022.jpg

女房との価値観が合い、洋風の家にだけはしたくなかった。

家全体に言えることだが、塗装はブラウンで、古民家風の雰囲気にしたかった。

これから家族でどんな会話が生まれるのだろう?

今から楽しみでならない。

2010-12-01

完成!ドリームハウス!

新居完成!

CIMG4087.jpg
外観はこんな感じだ。



外構工事や細かい部分がまだ残っているが、ようやく家が完成し、先週末無事引越しした。

まだまだ中は整理できていないが、何とか暮らしている。

CIMG4089.jpg
2階テラスはこんな感じ!


CIMG4090.jpg
1階ウッドデッキ!

CIMG4095.jpg
(工具があるが・・・)玄関はこんな感じ!



追って内部は紹介するが、一先ず完成の報告をしたい。

今までとは比べものにならないくらい暖かく、空気が新鮮だ。

まだ自分の家という実感が湧かない。


初日、娘は『明日もここ泊まるの?』と聞いてきた。

これから少しずつ、自分のモノとして認知していくことであろう!


今は仕事をしてても、こころここにあらずという感じだ。

これからの人生でお世話になる我が家。
大切にしていきたい。
プロフィール

ナヴェックス

Author:ナヴェックス
長州OTナヴェックスのブログです!
大好物:ADOC・OS・CMOP-E・MOHO・OBP実践・OT教育・生活行為向上マネジメント・精神分析(夢分析)等、広く?浅く…
PT・OT養成施設等教員講習会修了者。
OTのこと以外にも色々と思いを綴っていきたいのですが、結局最後はOTに繋がるのです・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。