--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-10-06

アメリカ珍道中⑨ アメリカで3本の指に入る動物園の巻

S1460052.jpg
クレイトン大学訪問最終日の午前、アメリカで3本の指に入るくらい大きい
「オマハ動物園」に遊びに行った

S1460050.jpg
入館前に記念撮影!


中は本当に広く、3時間では回りきれないくらいであった


S1460060.jpg
遠目から見ると真っ黒だが、実は世界地図であったこれ!(名前何て言うんだ???)






色んな動物たちに出会った


S1470036.jpg
かわいいペンギン



S1470006.jpg
元気なクマ(正式には○○クマ・・・正式名称を忘れた・・・)




S1470010.jpg
どっしり構えるゴリラ



S1470007.jpg
やる気の無いトラ




娘にパンダのぬいぐるみをお土産として購入した
(そういえばこの動物園、パンダいなかったなあ・・・)



歩き疲れたが、何とも癒される有意義な時間であった
スポンサーサイト

2010-10-02

アメリカ珍道中⑧ Home Dinner リンダ宅訪問

2日目の夜は、3名ずつの4グループに分かれてOT・PTの教授宅でのDinnerに招かれた


S1460034.jpg
訪問したのは、作業療法学科のリンダ先生宅だ
発達分野の先生だ


S1460033.jpg
愛犬マックスも歓迎してくれた




そして、リンダ先生のご主人
S1460038.jpg
マイクさん。

なんとも陽気なおじさんで私たちを和ませてくれた




言葉はあまり通じなかったが、単語とボディランゲージと愛嬌と必殺電子辞書(笑)で、心が通じ合うことが出来た

こういう一期一会の出会いに感謝すると共に、英語を話せない虚しさ、悔しさを感じた
せっかく出逢うことができたのに・・・と思ってしまう




と、悲しいことばかり言っても仕方がない。

最後に全員で記念撮影
S1460035.jpg
紹介し遅れたが、後方の女性はPT学生のリンジーさん。

いやいや、ものすごいキレイな方だった
それは置いといて・・・



ステキな出会いと一時に感謝感謝




つづく・・・

2010-09-28

アメリカ珍道中⑦ アメリカの保険制度から思う

日本は国民皆保険であるが、

アメリカは個人個人が保険会社と契約する。

その保険会社と提携している病院に受診、入院することになる。

オバマ政権となり、現在2014年開始を目指して国民皆保険制度導入準備が進められている。

しかし、富裕層しか保険に加入できていない現状がある。

貧困層からの反発もあり、なかなか思うように話が進んでいないらしい。



つまり、国民皆保険でないということで、対象者側は短期間で質の高いリハを求めており、

病院側は短期間で質の高いサービスを提供しなければならない。

選ばれる病院、治療者でなければならない、ということだ。

これがアメリカでは当たり前なのだろうが、

日本はどうだろうか???


「短期間、質」という意識で働いているOTが今日本に何人いるだろうか???

私自身OTになりたての頃、「220点(精神科OT点数)・質・期間」といったことを

意識していなかった。

今振り返ると恥ずかしい限りである…









これからOTも淘汰される時代が来る。

もう数年後のことであろう。

「OTとして」という広い意味ではなく、

「OTとして、この領域のスペシャリスト」

という、1つ極めるものがなければ生き残る道は無かろう。




私は、精神科2年、高齢期6年、教育1年半の経験だ。

どれも中途半端だ。

早く自分が進むべき道を探さなくてはならない。

今、OT人生の岐路に立たされていることは間違いない…


2010-09-27

アメリカ珍道中⑥ 病院見学

2日目の午前、Immanuel病院という、いわゆる回復期のリハセンターへ見学に行った。
S1450001.jpg


センターのスタッフに案内していただいた
S1450004.jpg

このセンターは入院患者さんはもちろん、外来の方も多く来られている。

S1450012.jpg
この一角は主にOTとSTの方を対象とした部屋だ。

S1450015.jpg
廊下の壁には、このような物が設置されている。
スタートラインを決め、5m毎くらいに印があり、
どのくらい歩けたかが目に見えて分かる環境設定にしてある。


S1450019.jpg
このような、日本で言う「パワーリハ」的な器具が多くあった。


S1450029.jpg
手でも漕げる自転車エルゴメーター。


S1450032.jpg

S1460024.jpg
巧緻性やピンチ力を高めるための器具。


S1450024.jpg
評価のための自動車シミュレーターもある。

S1460005.jpg
車椅子、歩行器、杖も多く置いてあり、週に1回、福祉用具相談員なる人が来るらしい。


S1450022.jpg
障害者スポーツを始めるきっかけとなりそうなスペースもあった。







訪問前は、アメリカのリハは進んでおり、最先端の技術があると期待していた。

そう、思い込みすぎていた・・・

ところが・・・

第一印象は、

「日本と変わんないじゃん・・・」であった・・・


OTはほとんどが病棟にいっているのか、リハ室にはOTがほとんどおらず、

OTが何をしているのかが分からなかった。

設備は機能訓練バリバリのものばかり・・・

PTは徒手的なことや、歩行の見守り・・・



正直がっかりした・・・

だが、そこにはアメリカの保険制度が強く関係していたのであった・・・



(つづく・・・)

2010-09-23

アメリカ珍道中⑤ Welcome Dinner&オマハ市の紹介の巻

オマハ初日の夜は、いわゆる河川公園でWelcome Dinnerを催して下さった

初日交流会

食事後、グループ毎に公園周辺を散策
M1080036.jpg

オマハ市はネブラスカ州にあるが、アイオワ州との境である。
M1080042.jpg
この川の向こうはアイオワ州であり、橋の中央にはこんな印があった
州境

州境をまたいで記念撮影
M1080045.jpg
私はここで、クレイトン大学の学生さんとエグザイルのChooChooTrainダンスをした
そして、映画アルマゲンドンの主題歌、エアロスミスの「ミスアシング」を合唱した
英語が話せず言葉は通じないが、ダンスや歌等でコミュニケートできた

ここアメリカで私はOTをしてきた
言葉を媒介にしない、OT万歳だ!!!






その後、オマハ市内へと案内してくれた

M1080053.jpg
ベンチにキックボクシングの広告があったり・・・

M1080057.jpg
お寿司屋さんもあったり・・・


そして・・・
「オールドマーケット」と呼ばれる地区まで案内され、解散となった。
M1080065.jpg
その名の通り、哀愁漂う古い町並みで、ここに酒場や土産物屋が多くあった。

都会のゴミゴミしていない、何とも落ち着く場所であった

つづく・・・

プロフィール

ナヴェックス

Author:ナヴェックス
長州OTナヴェックスのブログです!
大好物:ADOC・OS・CMOP-E・MOHO・OBP実践・OT教育・生活行為向上マネジメント・精神分析(夢分析)等、広く?浅く…
PT・OT養成施設等教員講習会修了者。
OTのこと以外にも色々と思いを綴っていきたいのですが、結局最後はOTに繋がるのです・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。