--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-10-31

リーダーシップ

一杯ひっかけ、帰りの電車の中。

もう10月も終わる。

遠く感じていた作業科学セミナーがもうすぐそこまで来ている。

僕の人生の中でも大きく重要な作業。

今はとにかく順調にセミナーが進むのを祈るばかりだ。


この一年半は作業科学セミナーを中心に僕の生活は回っている。

常にセミナーのことが頭にある。

日中、夜、実行委員の仲間とのやりとりが、一つずつ積み上げている感覚となる。

基本、僕は何もしていない。

仲間を信じ、仲間に仕事を任せる。

僕は指示し、支持する役割だ。

セミナーテーマは、作業科学とリーダーシップ。

リーダーという立場ではある。

しかし、リーダーシップは実行委員皆が発揮している。

僕は決裁をするだけの存在。

セミナー当日も、運営には携わらない。

皆に任せる。

なんだかまとまりの無い文章になったが、僕の中でのリーダーシップ像が、このセミナーを通して変わった。

リーダーシップは、誰もが持っているスキル。

それを自覚することが、このセミナーの最大の目的。

自身の中にあるリーダーシップを発見しよう。



スポンサーサイト

2014-10-25

メール

色んな人とメールでのやりとりが多くなった昨今。

昨年ある著名な方にメールをした後、すぐに返信があり、しかも言葉が丁寧。

それを上司に報告すると、

できる人は返信が早いし丁寧なのよ

と。


それ依頼、メールは迅速かつ丁寧にするよう心掛けています。

メールは感情やちょっとしたニュアンスが伝わらないから、丁寧に言葉を綴るよう心掛けています。

ボタンの掛け違えで誤解を生むことが多い、メール。

後で、実はこう考えてた、ってのを伝えるのはおかしい。

なら最初から、長文になってもいいから、考え、ニュアンスを言葉で表現してほしいと思います。

僕のスタンスとして、1行で終わらせるようなメールはしない。

返信が1日後なら、必ず、遅くなったことを謝る。


メール内容、表現方法と人柄はリンクしています。


文脈を意識しながら言葉を綴る。


自戒を込めて。

2014-07-28

36

今日、36歳の誕生日を迎えました。

メッセンジャーで数名の方からお祝いのメッセージをいただきました^o^
ありがとうございます^ ^

家では娘達がケーキを作ってくれ、ピアノでハッピバースデーを弾いてくれました涙


色んな人に囲まれながら生きていることを実感できます。

姉から、三人の娘がいる責任を感じながら生きなさいと激励をいただきました。

その言葉に感謝。


だらしない父親ですが、家庭を最優先に、仕事にも邁進していきます。


皆、ありがとう^ ^

36歳、人生、楽しんでます^ ^

2014-02-08

メール

とある著名な先生にメールをした後、すぐに返信が来ました。

表現も丁寧で綺麗です。

そのことを学科長に話すと、

「できる人は早いのよ」


ホントその通りだと思いました。


それから以後、来たメールにはすぐに返信をするようにしています。

優先順位を何よりも早く。

できる人になりたいので(笑)


メールの中身で、その人なりが見えてくると感じるのは僕だけでしょうか。

現職者研修会などで受付業務をしていると、時々ムッとくるメールもあります。

適切な表現やメールの仕方、それらの経験がない、知らない方なんだと思うようにしています。


メールがそっけない感じの方は実際お会いすると、愛想がなかったりします(笑)


現職ではPCと向き合うことが多いので、メールチェックも頻繁にできる環境にあります。

そのことを有難く思い、だからこそ、メールにはすぐ反応を示すよう努めています。


たかがメール、されどメールです。

独り言です。

2013-02-20

先生?

先日精神科領域で実習をしている学生のもとへ実習地訪問に行きました。

バイザーと話が終わった後、バイザーが
「僕らって先生ですか?」

と。

失礼のないよう、僕はバイザーを先生と呼んでいました。

僕は

「正直、同業者で先生とは呼び合いたくありません」

と伝えました。

数年前に行った精神科領域のバイザーにも同じようなことを言われました。


OS、ADOC、OBP実践で知り合った方々は
「先生」
と呼び合いません。

「さん」付けします。

中には敬語を使うなとおっしゃる方もいます。

数年前のOSセミナーでの質疑応答時、

「先生」と呼びましたね、失礼しました。「さん」ですね。

と、言い直される方もいました。



なぜOTは先生と呼び合うのでしょう?

先生と呼び合うことが、

セラピストがクライエントに対する

パターナリズムを助長し、

OBP実践、SDMの妨げになっているのではないかと、

感覚的に思う今日この頃です。
プロフィール

ナヴェックス

Author:ナヴェックス
長州OTナヴェックスのブログです!
大好物:ADOC・OS・CMOP-E・MOHO・OBP実践・OT教育・生活行為向上マネジメント・精神分析(夢分析)等、広く?浅く…
PT・OT養成施設等教員講習会修了者。
OTのこと以外にも色々と思いを綴っていきたいのですが、結局最後はOTに繋がるのです・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。